採用情報

Recruit

About

シグマアイはこんな会社です

株式会社シグマアイは、東北大学・東京工業大学教授の大関真之が設立した、大学発のスタートアップ企業です。
量子アニーリングによる最適化技術を武器として、新しい時代の暮らしを実装していきます。
量子力学を応用した量子コンピューターは、計算速度が現在のスーパーコンピューターをはるかに上回り、膨大な量の計算をリアルタイムに処理することができます。
私たちはその専門性を駆使して、クライアント企業の事業成長を加速させたり、研究開発活動のコンサルティングを行っています。また、その経験を活かして、世の中の「不」を無くす自社プロダクトの開発を進めています。

募集職種一覧
研究開発採用特設ページ_バナー

Work style

シグマアイでの働き方

完全リモート&フレキシブル勤務
完全リモート&
フレキシブル勤務

全国各地から様々なメンバーがジョインしています

研究職兼務のメンバーが多数
研究職兼務の
メンバーが多数

代表の大関・観山をはじめ、若手研究者も多数在籍

法人格で科研費の取得が可能
法人格で科研費の
取得が可能

科研費を取得することで、個人としての研究を深めることも可能

フラットな関係性
フラットな
関係性

経営陣と現場メンバーの区別無く、議論を行うカルチャーです

幅広い技術を学べる
幅広い技術を
学べる

量子関連にとどまらず、様々な最新技術に触れることができます

大手企業と社会実装に取組む
大手企業と
社会実装に取組む

三井化学、凸版印刷などとの協働プロジェクトを進めています

Case

シグマアイの取り組み事例

大企業との協業

三井化学との新材料の探索の高速化

量子アニーリング技術を活用し、化合物探索等の応用実証研究に取り組んでいます。

三井化学との新材料の探索の高速化

凸版印刷との物流効率化

量子アニーリング技術を活用した、配車計画ソリューションを協働開発しています。

凸版印刷との物流効率化

高速との倉庫内の配置の最適化

食品包装資材大手の高速と、物流倉庫内の荷物配置の最適化に取り組んでいます。

株式会社高速さんとの営み

自社プロダクト開発

CirqLog (サークログ )

量子アニーリング技術の「調整力」を最大活用した配送計画最適化サービスパッケージです。

icon_link
CirqLog

Opt-Operation (オプトオペレーション)

生産の日程計画作成コストの削減や自動化を推進し、製造DXソリューションです。

icon_link
Opt-operation

whis+ (ウィズプラス)

医療分野におけるコールセンター業務の負担を軽減する高速検索ツールです。

icon_link
whis+

Recruitment

募集職種

研究開発職

研究開発担当としての役割をお任せいたします。既存分野を他の分野と融合することや、新しい解決方法の導入により、クライアントの事業を全く新しい次元に引き上げることがミッションになります。
量子アニーリングに限らず、次世代の技術を挑戦的に創出することで、圧倒的な価値をお届けする活動や、量子アニーリングマシン”Advantage”および最新機器の大規模な利用に向けた導入・共同開発などに携わっていただきます。

研究開発採用特設ページ_バナー

事業開発職

クライアント企業の課題解決や、共同事業の開発を進める仕事です。
クライアントの真の課題を特定するための仮説検証から始まり、PoCを用いたコミュニケーションおよび提案、実証実験などのコンサルティング業務をリードいただきます。
自社サービスの事業開発にも携わることが可能です。何らかの事業開発やプロダクト開発、プロジェクトマネジメントの経験をお持ちの方を求めています。

詳しくはこちら
Wantedlyへ遷移します
応募フォームへ

More

シグマアイについて知る

インタビュー記事

東北大学教授でシグマアイ代表の大関、事業開発やエンジニアのメンバーによるインタビューを公開。
量子アニーリング技術を用いた自社プロダクトや、大企業との協業プロジェクトの背景などを語っています。

morearrow

会社資料

thumb_会社説明資料
シグマアイ:会社説明資料
応募フォームへWantedlyからの応募はこちら
研究開発採用特設ページ_バナーSigma-i_Meetup_バナー
過去のMeetupのアーカイブはこちら

シグマアイは、新しい体験をつくり
世の中を幸せにする人材を求めています

ご自身の解決したい社会の課題を量子アニーリングと機械学習の力を使って、一緒にビジネスとして社会実装しませんか?
新規プロダクトの企画立案、顧客提案、開発マネジメントを遂行する事業開発メンバーを募集します。