大関准教授のプレスリリース(9/19発表)についての記事が各種メディアに掲載されました

大関准教授のプレスリリース(9/19発表)についての記事が各種メディアに掲載されました

応用情報科学専攻の大関真之准教授の科学技術振興機構(JST)が推進する研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム(START)の支援を受けて、D-Wave System社が開発した最新の量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の利用を開始するという記事が日本経済新聞をはじめ、多数のメディアに掲載されました。

【日本経済新聞】東北大、D-waveマシンを活用した研究開発を開始
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP457463_Z10C17A9000000/

【mynaviニュース】東北大、最新の量子コンピュータ「D-waveマシン」を活用した研究開発を開始
http://news.mynavi.jp/news/2017/09/20/135/

【関連記事・ITpro】[特報]デンソーが量子コンピュータの応用研究開始、自動運転に活用か
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062101727/?rt=nocnt


D-wave Systems社からのリリース
https://www.dwavesys.com/media-coverage/tohoku-university-establishes-research-and-development-program-using-d-wave-quantum

また、この件に関連して、HILLS LIFEに大関准教授のインタビューが掲載されています。
https://hillslife.jp/innovation/2017/09/21/the-future-is-quantum/

Creative Future Companyとして

アカデミアとビジネスの間に壁はあるのでしょうか。
科学技術の進展とともにビジネスシーンは大きく塗り替えられています。

(Academic)科学で最も重要な客観的な事実に基づく判断と技術力で、
(Business)ビジネスで最も重要な信頼と実績で、
(Customer)お客様と常に向き合いながら未来創造のためのお手伝いします。